シャモニーの人気観光スポットAiguille du Midi(エギーユ・デゥ・ミディ)

aiguille-du-midi
妻が「私をスキーに連れてって」と昭和世代丸出しのおねだりをするので、行ってきました。フランスのシャモニー。

世界有数のスキーリゾート地だけあってもちろん素晴らしいゲレンデだったんですが、その他にもいくつか見どころがありました。

今回の記事では、このシャモニーの観光スポットで一番人気のAiguille du Midi(エギーユ・デゥ・ミディ)について紹介します。

3842mまで登れるロープウェイ

エギーユ・デゥ・ミディはモンブラン山系の山の一つで直訳すると「正午の時計の針」という意味です。山の頂上がとがっているからでしょうか。

4000m近い高さなんですが、シャモニーから2つのロープウェイを乗り継いで頂上付近まで行けるので、人気の観光スポットになっています。僕のような横着者にもぴったりのスポットです。

チケットはロープウェイの搭乗口で買うことができるんですが、Mont-Blanc Unlimitedというシャモニーのスキーリフト券とセットになったマルチパスを買うことをおすすめします。

このマルチパスについては、別に記事を書いているので良かったら読んでみてください。

改札をくぐって待合室で待つこと約10分、乗車OKのアナウンスでみなぞろぞろとゴンドラに乗り込みます。

cable-car

ロープウェイに乗り込む乗客たち

スノボを持っている人がいますが、もちろん滑って帰ってくる人です。恐ろしい…‥。

1つ目のゴンドラではPlan de l'Aiguille(プラ・デ・レギーユ)と呼ばれる標高2,317mの中間地点まで登ります。ちゃんと測ったわけではないですが、5分ほどです。

この時点でシャモニーの街よりだいぶ気温が低いです。シャモニーの街自体も標高約1000mなんですけどね。

プラ・デ・レギーユで10分ほど景色を見ながら休憩していると、2つ目のゴンドラの乗車OKの合図が。

こちらは3777mまで登って行くんですが、途中は雲のせいであたりが真っ白になります。

そしてその雲をつき抜け(フライ・アウェイ♪)した時の周りの景色の素晴らしさといったらありません。僕が乗った時には乗客から自然に「おぉ~!」という歓声と拍手が沸き起こっていました。

ちなみに、この2つ目のロープウェイも乗っている時間は5分強でした。

Step into the Void

ロープウェイを降りたエギーユ・デゥ・ミディの頂上付近はこんな感じです。

Plan-Aiguille-du-midi-ete-summer-2014-cmb

エギーユ・デュ・ミディの模式図 (chamonix.netより)

標高4000m近いにもかかわらず、おみやげ屋さんやカフェまであります。

ロープウェイをおりてちょっと歩くと高速エレベータがあって、これであと70mほど登って標高3842mまで行きます。

ここから見える景色はもちろん凄いんですが、現在このエギーユ・デゥ・ミディでもっとも人気なのが、2013年にできたStep into the Voidという場所です。

これは山から突きでたように作られた小部屋で、壁も床も全面ガラスでできています。

そこに入ることができるんですが、足元を見ると1000m以上の空間が広がっていて、それはそれは凄いスリルです。

ブルブルと震えちゃって入れない人もいました。確かに怖くて下は見れません。

床のガラスに傷をつけたら一大事なので、スリッパを履いて入ります。

携帯を含む手荷物は持ち込めないんですが、常に係の人がいるので、持ってきたスマホやデジカメで小部屋の外から写真をとってくれます。

高山病に注意

とても面白いスポットなんですが、一つだけ中止しなきゃいけないのが高山病です。

途中でゴンドラの乗り換えはあるものの、3800mを越える高さまで一気に上がっていくということで、軽い高山病に掛かる人も少なくないようです。上でぐーったりとしている人を何人か見ました。

特に子供の体調は大人が十分にケアしてあげてください。3才以下の子供はそもそもこのケーブルカーに乗ることは認められていませんが、小学生くらいの子供の場合も気をつけてください。

また、ロープウェイで気持ち悪くなる人もいるようなので、酔いやすい人はエチケット袋を持参しましょう。

ちなみに、僕が地上に戻ってくる時のロープウェイでは、青い顔をしてビニール袋を口元にあてているおば様がすぐ隣にいたので、ゴンドラの高さ以上にドキドキでした。

3800mの高所ということもあって、年間通じて氷点下です。防寒対策も必要です。

ロープウェイで登るとはいえ、富士山より高い場所に行くということを忘れずに。

朝一番がおすすめ?

ロープウェイ自体に乗っている時間は短いですが、往復での所要時間は最低2時間、長いと3時間くらいかかります。

季節や混雑状況にもよるんですが、だいたい朝8時半から午後4時半くらいまで、30分から1時間に一便くらいの間隔で動いています。

このゴンドラには約50人が乗れるんですが、それでもハイシーズンはかなり混雑して1時間待ちになることもあるようです。頂上のStep into the Voidも30分ほど待つこともあります。

朝一番に行くと比較的空いているそうなので、早起きがおすすめです。

英語ですが、下のサイトに色々載っていますのでご参考に。

Chamonix.net

高所恐怖症の人以外にはStep into the Voidはおすすめです。シャモニーに行った際はぜひ登ってみてください。