イギリス文化と英語を一緒に学べる楽しいYoutube動画チャンネル

代表的なイギリス文化と言えば、王室、アフタヌーンティー、紳士淑女、パブ、サッカー、etc...これらを紹介したブログや動画は沢山あります。でも、こういったベタなキーワードでなく、もっと等身大のイギリス文化を紹介してくれているYou tubeチャンネルがありました。その名も『Anglophenia』。

Anglopheniaってどんな動画?

『Anglophenia』は、Siobhan Thompsonという女性プレゼンターがイギリスに関するさまざまなことを紹介してくれているYou Tubeのチャンネルです。全編英語ですが、各動画は数分と短いので、気楽に見ることができます。月に2本ずつ程度新しい動画が投稿されており、2015年4月現在では26本の動画があります。

内容は、イギリスTV番組、フィッシュアンドチップス以外のイギリス料理、イギリス英語とアメリカ英語の違いなど色々です。以下におすすめの動画を挙げておきます。これからイギリスに旅行、留学する人はもちろん、イギリス文化に興味のある人、ベネディクト・カンバーバッチが大好きなあなたは是非一度見てみてください。

Anglopheniaでおすすめの動画

イギリス人が使う汚い英語

How To Insult Like the British - Anglophenia Ep 12

minger、pillock、mardy、tosser、gannet、skiver、berk、barmy、thick as two short planks、two fingered saluteといった汚い英語が満載です。一生使う機会はないかもしれませんが、いろいろ勉強になります。

イギリス人なら誰でも知っている人気TV番組

10 TV Shows Every Brit Knows - Anglophenia Ep 10

コンテスト形式の料理番組『The great british bake off』や大学対抗クイズ番組『University challenge』といったイギリスでおなじみの番組ついて紹介されています。

もうイギリス料理をまずいとは言わせない

9 British Dishes Everyone Should Try - Anglophenia Ep 2

イギリス料理といえばFish and chipsだけと思っていませんか?これを見れば、イギリスには意外に豊かな食文化があることがわかります。それが美味しいかどうかはまた別の話ですが、、、

どうしてイギリス英語とアメリカ英語でスペルがちがうのか?

Why Brits and Americans Spell Differently - Anglophenia Ep 14

この動画では、theatreとtheater、catalogueとcatalog、honourとhonor、organiseとorganizeといった、いわゆるイギリス英語とアメリカ英語の綴りの違いについて解説されています。

ベネディクト・カンバーバッチの人気の秘密にせまる

Why Fans Love Benedict Cumberbatch - Anglophenia Ep 9

日本でも『シャーロック』などでおなじみのベネディクト・カンバーバッチですが、これまでの二枚目とはちょっと雰囲気が違います。この動画は、ファンの声を通じて、彼の魅力や人気の秘密に迫る内容となっています。

イギリスの文化と英語を一緒に学ぶ

今回紹介した動画を見ることで、イギリスの文化と英語を一緒に学ぶことができます。本ブログでは、過去にイギリスに関するおすすめの本5冊(UKテストから日常英会話まで)のという記事も書いていますので、イギリスに興味のある人は是非こちらも読んでみてください。

2015年5月26日追記

AnglopheniaのプレゼンターがSiobhan ThompsonからKate Arnellに替わっています。新しいプレゼンターのもとでも、面白くて、且つ勉強になる動画が投稿されています。詳しくは、『イギリス『Anglophenia』に新プレゼンターが登場(今度も美人)』をどうぞ。