海外の傑作なぞなぞ、論理パズル(パート1)【頭の体操】

brainteaser riddle

イギリスの小学校に通う息子が、学校でRiddleやBrainteaserという言葉を覚えてきました。これらは、なぞなぞや論理パズルといった頭の体操を意味する英単語です。

学校で流行っているのか、最近「クイズやなぞなぞを出せ」としつこく言ってくる子供のため、ちょっとネットで検索してみました。

今回の記事では、知識を問うようなクイズ問題ではなく、頭を柔軟にする必要のあるなぞなぞや論理パズルを紹介します。

問題(全5問)

Q1: 二人のお父さんと、二人の息子が朝食に卵を食べました。彼らはちょうど3個の卵を食べましたが、それぞれ一人が食べたのは一個の卵です。どういうことでしょう?

Q2: ほとんどの建物に13階がありません。なぜでしょう?

Q3: What occurs twice in a week, once in a year but never in a day?

*これは英語であることに意味があるので、あえて英語のまま載せています(超ヒント……)。

Q4: あるハンターがキャンプを出て南に1マイル歩きました。彼はそこで熊に会い、熊を撃とうとしましたが、熊は銃を奪って、食べてしまいました。ハンターは東に1マイル逃げました。彼はさらに北に1マイル歩いて、もとのキャンプに戻りました。さて、この熊の色は何色でしょうか?

Q5: 緑の家がありました。緑の家の中には白い家がありました。白い家の中には赤い家がありました。赤い家の中にはたくさんの赤ちゃんがいました。これは何?
!以下に解答を掲載しています。まだ解答を見たくない人は、ここでスクロールを一旦止めてください。

解答編

newspaper-412452_1280

さて、いずれも比較的素直な問題だったかもしれませんが、答えはわかりましたか?

ちなみに、今回の問題は、海外のニュースサイトi100の記事『How many of these fiendish brain teasers can you solve?、およびHere's a quiz you'll probably find even harder than Cheryl's birthday』から抜粋したものです。

それでは、答えを見てみましょう。

Q1: 卵を食べたのは、一人の子供(太郎くん)、太郎くんのお父さん、太郎くんのおじいさんの三人組です。

Q2: 理由は、世の中のほとんどの建物は13階より低いからです。

Q3: アルファベットのe

Q4: 白(ハンターは北極にいます。)

Q5: すいか