英国王室に愛される最高級チョコレート「シャルボネル・エ・ウォーカー(Charbonnel et Walker)」

バレンタインデーフェアで売られていたシャルボネル・エ・ウォーカー僕はイギリスに住んでいることもあって、このブログでは英国王室御用達を認められているブランドの商品についていくつか紹介したこともあります。

長い伝統と極めて優れた製品、サービスを併せ持つ会社のみが認められる英国王室御用達の栄誉。もちろん、この栄誉に浴するのは極一部のブランドだけですが、実はチョコレートはイギリスでいくつかのブランドが王室御用達と認められています。

今回の記事では、そんな王室御用達のチョコレートメーカーの中でも最上位に位置する「シャルボネル・エ・ウォーカー(Charbonnel et Walker)」について紹介します。

日本ではそれほど知られていませんが、エリザベス女王も愛食する老舗ショコラティエとしてイギリスで確固たる地位を築いているブランドです。

僕も日本に帰る時はおみやげとして買って帰っていますがとても喜ばれています。

シャルボネル・エ・ウォーカーの基本情報

シャルボネル・エ・ウォーカーの歴史はイギリス王室と共にあります。

  • ブランド名:シャルボネル・エ・ウォーカー(Charbonnel et Walker)
  • 創業:1875年
  • 製品:チョコレート
  • ロイヤル・ワラント認定:HM The Queen(チョコレート製品)

1875年、キングエドワード七世のはからいによって、パリの人気ショコラティエ「メゾン・ボワティエ」のシャルボネル婦人とウォーカー婦人がロンドンに小さな菓子店を開きます。それがシャルボネル・エ・ウォーカーです。

シャルボネル・エ・ウォーカーとは、もちろん「シャルボネル」と「ウォーカー」という二人の創業者の名前に由来しています。

英国王室御用達のチョコレートメーカーとして数多くの王室メンバーから愛され、その中にはエリザベス女王はもちろん、あの故ダイアナ妃も含まれています。ダイアナ妃は、自らロンドンの店舗に足を運ぶほどのファンだったそうです。

大人のためのシャンパントリュフ

シャルボネル・エ・ウォーカーと言えば、最高のカカオバターから作られたダークチョコレートを使ったトリュフチョコレートです。

中でも人気なのはマール・ドゥ・シャンパーニュ・トリュフ(Marc De Champagne Truffles)シリーズです。今にも舌をかみそうな名前ですね。

マール・ドゥ・シャンパーニュとは、いわゆるシャンパン(スパークリングワイン)とは違って、シャンパーニュ地方で作られたブランデーのことです。

このブランデーによって最高の香りを身にまとわせたチョコレートがシャルボネル・エ・ウォーカーのマール・ドゥ・シャンパーニュ・トリュフというわけです。

僕が知る限り、このマール・ドゥ・シャンパーニュ・トリュフには、ストロベリーテイストのピンク、白いアイシングシュガーをまぶしたミルク、ココアパウダーでコーティングされたダークという3つの味があります。

どのフレーバーもこのブランドの大人気商品になっています。

バレンタインデーの人気ギフト

シャルボネル・エ・ウォーカーのシャンパンとトリュフチョコのセット

シャルボネル・エ・ウォーカーのシャンパンとトリュフチョコのセット

高級チョコレートとして人気のシャルボネル・エ・ウォーカーですが、特にバレンタインデーの時期には定番のギフトとして非常に多くの人に選ばれています。

先日イギリスのデパートに行った時には、上の写真の載せたようにシャンパンとトリュフチョコレートのセットが売られていました。さすが超一流ブランドです。

僕のように甘党でも辛党でもある人間にはたまらない組み合わせです。いわゆる最高のマリアージュってやつです。

唯一にして最大の問題は、めちゃめちゃお高いことです。原材料にこだわっている上、全て手作りされているので仕方がないかもしれませんが、まあなかなかのお値段です。

日本でもオンライン通販で購入できます

ちなみにこのシャルボネル・エ・ウォーカーですが、別にイギリスに行かないと購入できないわけではありません。特にバレンタインデーの時期になると、日本の有名デパートの特設会場などで売られることも多いようです。

バレンタインのシーズンになると、三越のオンラインストアなどでも販売しています。

参考サイト:三越 洋菓子セレクション

また、アマゾンでは大体いつでも平行輸入品が買えますが、こちらはバレンタインデー直前になると、むしろ「売り切れ」の表示が出ちゃいます。

参考サイト:シャルボネル・エ・ウォーカー(Amazon.co.jp)