親子で読みたい!海外の児童向け洋書おすすめリスト

A Bear Called Paddington

僕が現在妻と子供と一緒にイギリスで暮らしていることもあり、このブログでは海外(英語)の児童書について紹介した記事をいくつか書いています。

ここでは、これまでに紹介したおすすめの児童書をリストアップしています。内容は随時更新していきます。

Easter Story Sticker Book

最後の晩餐、イエスの処刑、復活が描かれた、イースターの入門書。ペタペタとシールを貼りながら読めるので、子供に人気の一冊です。

子供向けイースター本『Easter Story Sticker Book』

Mine!

おすすめ度:★★★

かわいい双子の女の子と、一匹のバニーのぬいぐるみのお話です。子供にこの本を読ませたら、おもちゃを大切にする気持ちが芽生えるかもしれません。

MAPS POSTER BOOK

これはホントにおすすめです。

世界各国の地図と特徴が美しいイラストで描かれた大型本です。子供のみならず、大人も大変楽しめる素晴らしい本です。『MAPS』、『MAPS POSTER BOOK』、『MAPS ACTIVITY BOOK』の3種類があります。

美しいイラストで世界旅行できる『MAPS』シリーズ

James and the Giant Peach

あの宮﨑駿もファンだと公言しているロアルド・ダールの初期の名作です。魔法と冒険がつまった、直球の児童文学です。

イギリス版桃太郎?ロアルド・ダールの『James and the Giant Peach』

Paddington

映画化もされた人気のくま、パディントンのシリーズです。オリジナル版と、文章が簡略化され、挿絵の多い絵本版があります。

映画化もされた人気のクマ『Paddington』シリーズ