Work like a dog? 犬に関わる英単語、イディオム、英語のことわざ

dog

「Do you work like a dog?」

今回の記事では、犬に関する英単語、イディオム、英語のことわざを集めてみました。

驚くほどたくさんあったので、全ては紹介しきれませんが、有名なものや面白いものを厳選してお届けします。

よろしくメカドッグ、わんわん!

犬を表す英単語

さて、犬を意味する表現は、日本語でも「わんちゃん」、「わんこ」などいくつかあるように、英語にも犬を意味する単語がいくつかあります。

canine

canineは、「犬のような、イヌ科の」という形容詞で使われることが多いですが、名詞として使われることもあります。ちょっと硬めの単語です。

無理を承知で発音をカタカナで書くと、「ケイナイン」です。

ちなみに、canine toothといえば、犬歯のことを指します。

doggie, doggy

日本語で言うところの、わんわんに相当する幼児語で犬を表す単語がdoggie、あるいはdoggyです。子供向けの絵本やテレビでよく見聞きします。

レストランなどで食事が食べきれなくて持ち帰る際に、その料理を入れる容器をdoggie (doggy) bagといいます。持ち帰った料理を、留守番中の犬にあげることに由来しているようです。

puppy, pup

puppy、pupいずれも子犬を意味する言葉です。例えば、秋田犬の子犬であれば、Akita puppiesなどといいます。

ちなみに秋田犬はルックスと賢さから、僕の暮らすイギリスでも人気があります。

man's best friend

これについては説明いりませんね。

犬に関係するイディオム

dog in a cup

続いて、犬に関するイディオム、表現を紹介します。直訳から想像できるものもあれば、まったくそうでないものもあります。

work like a dog

"work like a dog"は、直訳すると「犬のように働く」ですが、それが転じて「一生懸命働く、ハードワークする」という意味の表現です。

多く犬がペットではなく、ハンティングなど、労働力として認識されていた時代にうまれた表現です。きっとこの時代の犬に言わせれば、「最近の若いもんは、、、」となるでしょう。

非常によく使われる表現ですが、The Beatlesが好きな人には、『A hard day's night』の以下の歌い出しの表現としておなじみだと思います。

It's been a hard day's night, and I'd been working like a dog.
It's been a hard day's night, I should be sleeping like a log.

(as) sick as a dog

sick as a dogは「体調が非常に悪い」という意味の表現です。なぜdogが出てくるかについては、諸説あるようですが、この表現が生まれた1700年前後は、犬という単語がネガティブな意味で使われていたことが影響しているようです。

 dog's breakfast, dog's dinner

dog's breakfast、dog's dinnerのいずれも、ちょっとネガティブなもので、「ひっちゃかめっちゃかでごちゃごちゃなもの」を意味します。

最近の犬は、ちゃんとしたお皿に綺麗な食事を与えられている場合が多いと思うので、違和感を感じてしまうかもしれませんが、昔からある表現なので仕方がないですね。

hair of the dog that bit you

直訳すれば、「あなたを噛んだ犬の毛」ですが、この訳からはまったく想像できない意味になっています。

もともとは、犬に噛まれた時に、感染症を予防するために塗り薬の中に噛んだ犬の毛を入れるという昔の風習からきた言葉です。薬という意味が転じて、現在ではどういうわけか「迎え酒」という意味で使われています。

a dog in the manger

mangerとは、馬や牛などのえさをいれる入れ物(飼い葉おけ)のことです。この表現は、犬が飼い葉おけに入って、馬や牛が干し草を食べられないようにするというイソップ童話からきています。

誰かに取られたくないという理由だけで、キープする意地悪な人のことを指して使われる表現です。こんなふうに使います。

Stop being a dog in the manger and give the toy to your sister!

dog's age, dog's years

犬の1年は人間の7年に相当すると言われていたことから、dog's age、dog's yearのいずれの表現も非常に長い期間を意味します。

rain cats and dogs

dogが使われるイディオムでもっとも有名なものかもしれません。

直訳は「猫や犬が降ってくる」ですが、「どしゃぶり」を意味します。一日中雨の日はこんなふうに言うことができます。

It's been raining cats and dogs all the day.

犬に関係する英語のことわざ

最後は、犬が出てくる英語のことわざを紹介します。

日本語でも「犬も歩けば棒に当たる」、「犬が西向きゃ尾は東」など、犬が出てくるいろんなことわざがありますが、英語のことわざにも犬たくさん登場します。

Let sleeping dogs lie.

そのまま訳せば、「寝ている犬をそのままにしておけ」といったところですが、「トラブルになるような余計なことはするな」という意味で使われます。

犬がうるさく吠えまわることが前提になって作られた表現です。日本語の「寝た子を起こすな」と似ていますね。

それにしても「寝た子を起こすな」というのも酷い表現ですね、、、

You cannot teach an old dog new tricks.

これは、「老犬に新しい芸を覚えさせることはできない」ないという日本語訳から容易に想像ができるように、「年をとってから新しいことを覚えるのが難しい」ことの例えです。

個人的には、そんなことはないと信じています。

Barking dog seldom/never bites.

「ほえる犬はめったに(絶対)かまない」という意味が転じて、「いろいろうるさくいう人は、実は案外悪意がない」ということを表すことわざです。

ちなみに、僕は子供の頃、近所の犬にほえられ、追いかけられたあげくに噛まれたことがあるので、neverということはありえないのを知っています。

Give a dog bad name and hang him.

直訳は、「犬に悪名をおわせて縛り首にしろ」となりますが、そこから転じて、誰かに悪名をおわせれば、その人を潰すことができるというものです。

そこからさらに、たとえ無実であれ「一度ついてしまった悪い評判は消すことが難しい」という教訓を伝える表現として使われることもあります。

Every dog has its day.

これは犬が今のように人間の家族同然扱われているのではなく、もっと蔑まれていた時代の表現です。

今日はいい日だ(ラッキーな日だ)という時に"It's my day!"ということがあるように、dayには単に「日」というだけでなく、「良い日」という意味を持つことがあります。

これを踏まえると、冒頭の表現は「どんな犬にでも良い日はある」という意味になりますが、「どんな人にもなにか良いことが起きる時がある」ということわざです。

まとめ

使えそうな表現やことわざはありましたか?

こうしてまとめてみると、色んな表現があることに自分でもちょっと驚きました。さすが"man's best friend"ですね。

さまざまな場面で使えると思うので、是非活用してみてください(今のところ、僕が一番頻繁に使いそうなのは間違いなく"hair of the dog that bit you"です)。