英ネットフリックス(NETFLIX)で見られるおすすめドラマ映画

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(初回限定版) [DVD]

 

以前にこのブログでも紹介したように、この秋いよいよネットフリックスが日本に上陸します。

ネットフリックスは世界各国で展開している動画配信サービスで、イギリスで暮らす我が家もこれに加入しています。月に約1000円強で、古典的名作から最近のハリウッド話題作、さらにはネットフリックスオリジナル作品まで、いつでも好きな時に好きなだけ見ることができます。

今回の記事では、ネットフリックスで見ることのできる映画の中から、おすすめのドラマ(TVドラマではなく、映画のドラマ)を紹介します。

新作から古典まで幅広いラインナップ

今回は、4本のドラマ映画を紹介します。

英国王のスピーチ (The King’s Speech)

英国王のスピーチ スタンダード・エディション [DVD]

英国王ジョージ6世が主人公の実話をもとにした映画です。吃音に悩まされていた主人公は、第二次世界大戦のさなか、ちょっと風変わりな言語療養士ローグの指導の元、吃音の治療にはげみ、国民を鼓舞するスピーチに向かいます。

4部門でアカデミー賞を受賞した名作ですが、何と言ってもイギリスの名優コリン・ファースの演技がすばらしいです。生真面目で、ちょっと神経質な英国王を見事に演じています。

映画のほとんどは、彼とヘレナ・ボナム・カーター演じる彼の妻、そしてジェフリー・ラッシュが演じる吃音の先生の3人のやりとりがメインで進んでいきます。派手なアクションなどは全くありませんが、全く飽きることなく楽しむことができます。

ストーリも楽しいですが、教科書にでてくるような歴史上の人物も登場しますので、映画好きに限らず、歴史ファンにもおすすめの映画です。

グッドウィルハンティング-旅立ち (Good Will Hunting)

グッド・ウィル・ハンティング~旅立ち~ [DVD]

MITの数学科教授が出した難問を解いたのは、彼の優秀な生徒たちではなく、同学校の清掃員のウィルでした。この教授は、ウィルの才能を見抜き、彼を支援しようとしますが、ウィルは乱暴を繰り返すばかり。教授は友人の心理学者ショーン・マグアイアに彼の更生を託しますが、彼はなかなか心を開きません。しかし、ウィルとショーンはお互いに心に傷を負った者同士であることが分かり、徐々に理解しあっていきます。

ちょい悪の天才ウィルをマット・デイモンが、心理学者ショーンを名優ロビン・ウィリアムズが演じています。この作品も多くの部門でアカデミー賞にノミネートされ、受賞した名作です。また、脚本を担当したマット・デイモンとベン・アフレックを一躍ハリウッドセレブの仲間にした作品でもあります。

今は亡き名優ロビン・ウィリアムズが出演している映画にはハズレがありませんが、中でもこの映画はオススメです。

シェフ (Chef)

アメリカ、ロサンゼルスのおしゃれなレストランで料理長をしているカール。独創的な料理を作りたいのに、保守的なオーナーはそれを認めてくれず、カールはついにレストランを辞めることに。

職をなくした彼は、別れた妻との間にできた息子と一緒に、ボロボロのフードトラックで全米を回りながら、キューバサンドイッチを売る旅にでることになります。そんなフードトラックは、どういうわけか行く先々で大人気に。実は、彼の息子が、、、

ハリウッド超大作『アイアンマン』の監督ジョン・ファブローが、監督、主演(カール役)を務めています。『シェフ』というタイトルも潔いですね。

ロードムービーと言ってもよいし、父と息子の関係を描いたヒューマンドラマでありながら、コメディタッチの場面も沢山あります。いろんな要素がありながら、それらが見事に一つに調和しています。映画という形態で提供されるのが一番しっくりくる物語になっています。

主人公が、超有名レストランのシェフという地位から離れ、安いけど魂のこもった極上のサンドイッチを売るというストーリーは、まさに実際のジョン・ファブロー自身を投影しているようにも読み取れます。

また、主人公の別れた妻役のソフィア・ベルガラ、レストランのソムリエ役のスカーレット・ヨハンソンという二人の女優の美しさもさることながら、この映画に出てくる料理の美しさには息をのんでしまいます。そして、どの料理も本当に美味しそうです。夜中にこの映画を見ると、絶対に何か食べたくなってしまうので、注意してください。

個人的には、最近見た中ではダントツのベストですし、周りに聞いても皆が素晴らしい映画だったという声が多いです。まだ見てない人には是非見てほしい作品です。

アラバマ物語 (To kill a mockingbird)

アラバマ物語 [DVD]

ネットフリックスでは、クラシック映画のラインナップも充実しています。最後に、歴代名作映画ランキングで必ず名前があがる古典的名作『アラバマ物語』を紹介します。

『アラバマ物語』は、人種差別が色濃く残る1930年代のアメリカ南部を舞台にした物語です。

町の弁護士のアティカス・フィンチが、無実の罪で訴えられた黒人を弁護するというのがストーリーの肝ですが、非常に強烈なテーマを控えめな演出で丁寧に描いています。

アメリカの歴史を理解し、人種差別を考える上で欠かせない作品ですが、単純にグレゴリー・ペック演じる主人公のかっこよさに酔うという楽しみ方もあると思います。

アメリカ文学の傑作の一つに挙げられる同名の原作小説は、1960年代に出版されましたが、作者のハーパー・リーが、今年になってこの物語の続編となる小説『Go Set a Watchman』を出したことで、最近再び脚光を浴びています。

日本でのサービス開始時にはどんな作品が?

今回紹介した映画は、イギリスのネットフリックスで見られる作品の中から選んでいます。

日本版ネットフリックスがどのようなラインナップになるかはわかりませんが、今回紹介したような海外のネットフリックスで既に視聴可能な映画というのは、日本でサービスを開始した際にも、見られる可能性が高いのではないかと思います。

ネットフリックスのサービス開始を待つもよし、一足早くDVDを借りるもよしですですが、ともかく『シェフ』はおすすめの作品です。