誰もが知っている英単語「game」のあまり知られていない意外な意味

game

誰もが知っている中学1年生レベルの英単語でも、実はあまり知られていない意味をもっていることがあります。

今回はそんな単語の一つ"game"について紹介します。

誰でも知っている"game"の意味

"game"は日本でもカタカナ語として使われていることもあって、誰もが知っている基礎的な英単語です。

日本語でもそのまま使われるいわゆる「ゲーム」という意味に加えて、「スポーツの試合」を意味することはよく知られていると思います。

野球のコールドゲームやデーゲームなんかはこの後者の意味ですね。

あまり知られていない"game"の意味

実はあまり知られていない"game"の意味として、「野生の動物や鳥」という意味があ
ります。

例えば、イギリスのレストランに行くと"game pie"なるメニューがあります。別に何かお楽しみがあるパイではありません。

この"game pie"はイギリスを代表する料理の一つで、いわゆるミートパイの一種なのですが、鳩やキジなどの野生の鳥や鹿などの肉で作られています。

この"game"は、料理に使われる野生動物に限らず、スポーツハンティングの獲物としての野生動物の意味でも使われます。

もともと喜びや楽しみを意味する古い英語"gamen"に由来しているようです。

形容詞の"game"

"game"には、さらに形容詞としての用法もあります。

Cambridge dictionaryによる説明を引用すると、形容詞としての"game"には、

willing to do things that are new, ​difficult, or that ​involve ​risks

新しかったり、難しかったり、リスクを伴うようなことにチャレンジしたがる

という意味があります。「勇気がある、チャレンジ精神旺盛な」といった感じです。

例えば、"I am game for anything."といったように使われます。

 

名詞の「野生動物」という意味、形容詞の「勇気がある」という意味のどちらも、海外で生活している中で普通に出てくる用法です。是非覚えておいて下さい。