エリザベス女王もお気に入りの王室御用達傘フルトン(Fulton)のバードケイジ

FULTON(フルトン) 長傘 手開き L042 Birdcage-2 Small Spots

エリザベス女王のお気に入りとして知られる英国王室御用達の傘ブランド「フルトン(Fulton)」。英国王室御用達と聞くと、それはすごい超高級傘を想像してしまうかもしれませんが、何とここの傘はビニール傘なんです。

このフルトンの代表モデルとも言える「バードケイジ」シリーズは、若い女性を中心に、世界中で大人気です。日本でもオンラインショップなどで購入することができます。

今回の記事では、このフルトンについて、女王のコレクションと共に紹介します。

フルトンの基本情報

ブランド名:フルトン(Fulton)
創業:1956年
製品:傘
ロイヤル・ワラント認定:エリザベス女王(傘製品)
公式サイト:http://www.fultonumbrellas.com

フルトンの歴史

1956年 アーノルド・フルトンがロンドンで創業
1967年 ドーム型ビニール傘「バードケイジ」誕生
1993年 ロイヤル・ワラント認定
2003年 キャス・キッドソンとのコラボを開始

エリザベス女王はバードケイジの大ファン

フルトンは、エリザベス女王から王室御用達の認可を受けているわけですが、女王がフルトンの大ファンというのは非常に有名な話です。

デザインもさることながら、傘をさしていても国民から女王の顔が見られる、また女王も国民の顔が見られるということも大きなポイントのようです。

女王は、色違いのバードケイジをいくつも持っていらっしゃり、その時その時のファッショに合うように傘を選ばれています。

もちろん、ウィリアム王子とキャサリン妃もこの傘を愛用していて、雨の日にバードケイジをもった二人の写真はいろんな所で見ることができます。

フルトンの魅力

フルトンには多くの魅力がありますが、その中から3つを紹介します。

大学との共同研究による高い技術

バードケイジをはじめとするフルトンの傘は、いわゆるコンビニで売っているようなビニール傘とは全く違います。

骨を構成する高強度ガラス繊維やその構造には多くのテクノロジーがつまっています。

その技術を支えているのが、イギリスで5本の指に入る名門大学であるImperial College Londonとの共同研究です。

彼らは共同で風洞試験(人工的な風の流れの中で行う試験)などを定期的に実施して、その科学的なデータをもとに傘の構造の設計や耐久性評価を実施しています。

豊富なカラーバリエーションや有名ブランドとのコラボ

フルトンは、2003年に始まったキャス・キッドソンとのコラボを皮切りに、多くの有名なアパレルブランド、雑貨ブランドとの共同で傘のデザインをしています。

これまでにコラボしたブランドには、ルル・ギネス、オーラ・カイリー、ウィリアム・モリス、シメオン・ファラー、エラ・ドラン、ジュリー・ドッズワースなどがあります。

手頃な価格

フルトンの傘の中心価格帯は3〜6,000円です。ビニール傘と考えると高いですが、その品質やデザイン性を考えると決して高い買い物ではありません。

また、数千円でエリザベス女王やキャサリン妃と同じアイテムを持てるというのも魅力的です。

ちょっとしたブランドの傘はすぐに1万円近く行くので、そういった傘より遥かに安く、しかもイバリがききます。

この価格であれば、エリザベス女王のように色違いを何本か持って、その日のコーディネートに合わせて選ぶのも素敵ですね。

友人や家族へのちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

最近人気のケンジントンスター

フルトンといえばバードケイジですが、最近若い女性にはケンジントンスターというシリーズも人気のようです。

ケンジントンスターはウッド調の手持ち部分や落ち着いた色使いで高級感のあるデザインが特徴です。

また、リブの部分が強度の高いガラス繊維でできているので風などに強い割に軽量で、女性が持ちやすいように設計されています。

こちらもバードケイジに負けずに豊富なカラーバリエーションがあります。

まだコンビニのビニール傘で消耗しているの?

白黒の縁のバードケイジ(私物)

白黒の縁のバードケイジ(私物)

イギリスでは20代〜30代くらいの女性がフルトンの傘をさしているのをよく見ますが、日本でも最近すごい人気のようです。

デザインによっては男性が持っても全く違和感ないと思います。僕も縁が白黒ののバードケイジを一本持っているので、そう信じたいです……

バードケイジにしろ、ケンジントンにしろ形がユニークなので、知っている人が見ればすぐにわかりますが、カラーバリエーションが豊富なので他の人と差別化しやすいです。また、何よりも高い実用性を有する傘なので、投資の価値は充分あると思います。

飲み屋に忘れてきてもなんとも思わないような安いビニ傘は卒業して、ちょっと高級な傘を使ってみませんか(センスの無い見出し、ご容赦ください)。雨の日がまちどうしくなるかもしれません。

ちなみに、子供用のバードケイジもあります。視界が広いので安全性が高いのとランドセルを覆うように傘をさせるのでおすすめです。