東京オリンピックのボランティアに求められる英語力はTOEIC何点?

リオオリンピックも始まってないので、ちょっと気の早い話になりますが、僕は2020年の東京オリンピックをとても楽しみにしています。今から選手を目指すのはさすがに厳しいのは自覚していますが、折角日本で開催される以上、何らかの形で参加したいなと考えています。

具体的には、五輪のボランティアです。

僕の周りにもボランティアをやってみたいという人は多いのですが、みんなが不安に感じているのが、ボランティアになるにはどのくらいの英語力が要求されるのかということです。

確かにまだ具体的な参加要項などが発表されていないので、どれだけ英語ができればいいのか、はっきりしたことは分かりません。

ただ、ここ最近の他国でのオリンピックの状況や、日本国内で開催された国際的なスポーツイベントなどをちょっと調べてみると、かなりの情報が得られました。

というわけで、今回の記事では、東京五輪ボランティアに求められる語学力について、僕が確認できた情報をシェアしたいと思います。

通常のボランティアには英語力は関係ない?

ボランティア活動の種類

一口にボランティアと言っても、オリンピックのような国際イベントの場合、その活動内容はさまざまです。

ボランティアの代表的な業務としては、会場への誘導や警備、交通整理などから、海外の選手や観客の通訳対応、さらには医療やIT関連の技術サポートなんかもあります。

後ほど紹介するように、通訳や外国人対応のボランティアになるには、もちろん語学力に関する要求があります。

一方で、これまでの状況を見る限りは、東京オリンピックでは、国際イベントとはいえ、外国人対応以外のボランティア活動の参加条件に語学力が入ってくる可能性は極めて低いと考えていいと思います。

ボランティアは狭き門

ただ、東京オリンピックのボランティアで注意しなければならないのは、ボランティアになりたい人が山程いるということです。

ロンドン、リオデジャネイロの夏季オリンピックでは、7〜8万人というボランティアの募集に対してともに3倍以上の人が応募しています。東京の人口や、日本人の性格を考えると、東京2020ではこの倍率がさらに高くなるのは間違いないです。

ボランティアの選抜では、まずはオンラインで提出する応募書類の内容で審査されるはずなので、そこでアピールできる何かが必要です。

通常業務の目標はTOEIC500点

看護師だったり、コンピューター関係の資格がある人はその分野のボランティアとして選ばれる可能性が高いでしょう。残った枠はどうやって埋まっていくのでしょうか。

これは現時点でははっきりした発表がありませんが、自分がボランティアを選ぶ立場になって考えてみてください。3人のうちから1人を選ぶとき、年齢、性別、肩書きで選ぶでしょうか。警備だって、交通整理だって、海外の人と接する可能性が十分にあることを考えると、通訳になるほどの力がなくても、少しでも英語ができそうな人を選ぶということは十分に考えられます。

つまり、募集要項に語学力に関する規定が無いとしても、実質的には語学力が問われる可能性が非常に高いということです。

正直なところ、どのくらいの英語ができれば安心なのかはわかりませんが、簡単な質問は理解して対応するなり、周りの英語ができる人につなげることが望ましいでしょう。

TOEICの公式サイトを見る限り、「簡単な質問を理解できる」というレベルは500点以上と書かれているので、このくらいのスコアがあれば、応募書類に書いた時に少しはアピールになるんじゃないかと思います。

英語を活かしたボランティア業務につくには

通訳業務の最低ラインは英検準一級、TOEIC730点

続いては、語学を活かした業務に携わりたい場合を考えてみましょう。

オリンピック以外にも日本で開催される国際的なスポーツイベントはたくさんあります。特に日本ではマラソンが非常に頻繁に開催されていて、その一部は海外からの参加者も沢山います。そういった大会では、もちろん海外の参加者や観客に対応するボランティアが募集されます。

例えば、東京マラソンでは一般ボランティアとは別枠で英語や中国語などが話せるボランティア(多言語ボランティア)という枠があります。主な業務は、海外からの参加者の受付や会場案内です。

東京マラソンのボランティアは基本的に先着順なので、多言語ボランティアも書類上で一定以上語学力が認められれば、あとは早い者勝ちです。

その書類審査で要件とされていた英語力が気になると思いますが、募集要項によると以下の通りです。

  • 実用英語技能検定 準1級以上
  • 国際連合公用語英語検定 B級以上
  • TOEIC 730点以上
  • TOEFL(PBT) 550点以上

東京オリンピックでも、海外の人のコミニュケーションがメインの活動になるような業務では、このあたりが最低ラインになると思います。

通訳案内士はTOEIC840点が基準

国内の外国語大学などがオリンピックの通訳業務ができるような学生を養成する計画をたてていたり、そもそも東京オリンピッックの場合は多数の応募が予想されることから、実際に選抜されるにはもう少し高いハードルになる可能性もあります。

ここで目安となるのは、観光客に外国語で通訳し、街を案内する通訳案内士の試験です。

通訳案内士になるための試験ではTOEICが840点以上で英語の筆記テストが免除されます。

TOEICのスコアで英会話の能力を判定すること自体に無理がありますが、東京オリンピックで賓客や選手の通訳といった言語の専門職として活動するには、最低でもこのくらいのスコアはとっておきたいところです。

ちなみに、リオ五輪のボランティアでは書類選考後に面接がありました。もしかしたら、東京五輪でも面接などで英語のスピーキング力を評価されるかもしれないということは頭にいれておきましょう。

TOEICの点数はいいけど全くしゃべれないという人は山程いますが、残念ながらボランティアに望ましい人材ではありません。

英語以外の言語の要求レベル

英語以外の言語についてはどうでしょうか。

東京マラソンでの英語以外の言語の要求レベルは以下のようになっていました。

  • 中国語 中国語検定試験 2級以上、漢語水平考試(HSK) 5級以上
  • フランス語 実用フランス語技能検定試験 準1級以上
  • ドイツ語 ドイツ語技能検定試験 2級以上
  • 韓国語 ハングル能力検定試験 2級以上
  • スペイン語 スペイン語技能検定 2級以上
  • 有資格言語 通訳案内士 合格

東京オリンピックでも、これらの言語を活かした業務につく場合は、上に挙げたレベルが基準になるのかと思います。

例えば、スペイン語などは世界的に見て使用者が多いのに対して、日本人の使い手が圧倒的に少ないので、こういう言語ができる人は、ボランティアの選抜時には非常に有利になるはずです。

ボランティアに求められる英語力のまとめ

スタジアムやエンブレムで何かとネガティブな話題が先行しがちな東京オリンピックですが、批判に時間やエネルギーを消耗するくらいなら、それらを少しでもポジティブな方向に使っていくべきじゃないかと思います。

折角のお祭りです。それも特大の。一緒に盛り上げていきましょう。

ということで、東京オリンピックにボランティアとして参加するための英語力の目安をまとめると、

  • 一般業務→TOEIC 500点
  • 通訳、案内業務→TOEIC 840点

といったところになるでしょう。

応募までにはもう少し時間があります。現在の実力に自信のない人は、早めにレベルアップにとりくみましょう。

このブログでも何度か書いていますが、日本人が苦手にしている英会話力のアップにはオンライン英会話で量をこなすのがおすすめです。

大手のオンライン英会話レアジョブDMM英会話では無料体験レッスンもやってるようなので、試してみるといいと思います。

もちろん選抜される上で大事なのは語学力だけじゃありません。過去のボランティア経験や熱意も問われますので、英語ができたらOKとはならないことをお忘れなく。

***2016年7月4日追記***

ようやくオリンピックのボランティアに関する情報が少しずつ出てきました。

組織委員会が望んでいるのは、やはり語学力やコミュニケーション力のある人材のようです。これはロンドン、リオの場合と同じですね。

また、こちらもロンドン、リオと同様に、本番の10日間と研修の数日の参加が原則なようで、この拘束期間がネックになる人も多いんじゃないかと思います。

というわけで、最近の情報とともに、日本の企業に提案したいことを書きました。ぜひこちらも読んでみてください。

参考記事:大企業は東京五輪のために特別ボランティア休暇制度の導入を!