iPad mini4のケースならスタンド機能付きのESR製品がおすすめ

iPad Mini4 ケース クリア ESR iPad Mini4 カバー レザー PU スタンド機能 軽量PCバック/TPUバンパーケース 傷つけ防止 オートスリープ三つ折タイプ iPad Mini4(第四世代)専用スマートカバー(シャンパンゴールド)

うちではちょっとネットを見たり、ネットフリックスの動画を見たりするのにiPad mini4を使っています。簡単な操作で色々できるし、画面も綺麗だし、軽いので外出時にも簡単に持ち出せるし、ってことで家族の中でもヒット商品になってます。

うちでは小さい子供も含めてこのおもちゃをガシガシ使うので、アマゾンで適当に専用のケースを買いました。

これが使ってみてびっくりの大ホームランでした。今回の記事では、驚きの機能をもったiPad mini用ケースを紹介します。

ESR社のiPad mini用ケースの3つのポイント

iPad mini4とカバー

iPad mini4とケース

もともとかなり初期のiPadを使っていたんですが、これはケースも付けずにガンガン使っていました。

日頃の取り扱いの杜撰さもあって調子が悪くなったのでmini4を買ったわけです。で、後日ケースをアマゾンで買いました。

買ったのはESR社のケース。アップルの純正品(スマートカバー)は高過ぎることもあってこのケースにしたのですが、結果的には大正解。性能面でも純正品よりいいと思います。

 

角をしっかり守る

「角をしっかり守る」というと将棋の話みたいですが、もちろん「かく」じゃなくて「かど」です。

本体を守るためのケースなので当然大事な機能なんですが、このESR社のケースは、画面をカバーするだけじゃなくて、アルミニウム製の本体の部分もしっかりガードしてくれます。

しかもちょっと厚めのビニールという感じで、ちょっと落としてもショックを吸収してくれそうな安心感があります。

これは子供がガシガシ使うという我が家のスタイルには合っています。

ケースが本体を守るのは当たり前に思えるかもしれませんが、実は純正品は本体部分がカバーされていないです。めちゃめちゃ高いくせに……

スタンドになる

ipadmini-cover-stand
画面をカバーする部分を折って、上の写真みたいに三角形を作ることで本体を横向きにして立てることができます。これもすごい便利です。

机に置いて動画を見る時なんかは、これがあるとないとでは見やすさが全然違います。このケースを使う前は全然気にしてなかったのに、一度スタンドを使った角度に慣れると、もうベタ置きでは使えなくなります。

実は先日ぎっくり腰になって数日間寝たきりの状態だったのですが、横向きに寝ながらネットフリックスなどが見れるのもとても便利でした。

オートスリープ機能

この機能を知らなかったこともあって、一番感動したのがこのオートスリープです。

ケースのカバー部分で画面を完全に覆うと、勝手に映像が消え、スリープモードになってくれるのです。もちろんカバーをめくると、スリープが解除されます。

最初はどういう仕組みかわからなかったのですが、最近のiPad本体には磁気センサーがついていて、カバー部分に内蔵された磁石に反応しているようです。

人間は横着なもので、一度これに慣れると、電源ボタンを押すという一手間がとても面倒くさく感じます。

でも、もしかしたらみんな知ってることなのかも……

注意事項

一つだけ注意して欲しいのが、iPad mini4とiPad mini2ではケースが違うということです。

というのも、mini4とmini2はサイズが少し違うからです。

アマゾンのレビューなんかを見ると、「サイズが合わない」というコメントを残している人がいますが、おそらく違うモデルのケースを買ってしまったんだと思います。注意して下さい。

iPad mini4のカバーはこちらです。

iPad mini2, 3のカバーはこちらです。