世界に拡散中の小学生向け算数論理パズル『シェリルの誕生日』がなかなかの良問

birthday-cake

シンガポール発の小学生向けの論理パズル「シェリルの誕生日」が難しすぎるということで、ものすごい勢いで世界に拡散されています。

東南アジアの国々の子供たちは算数が得意なことで知られていますが、それを裏付けるような難問に挑戦してみてください。

シンガポール発When is Cheryl's birthday?

日本で論理パズルといえば、多湖 輝さんの頭の体操シリーズですが、今回の問題はシンガポール発です。

まずはどんな問題か見てみましょう。

Albert and Bernard just became friends with Cheryl, and they want to know when her birthday is. Cheryl gives them a list of 10 possible dates.

May 15 May 16 May 19
June 17 June 18
July 14. July 16
August 14. August 15. August 17

Cheryl then tells Albert and Bernard separately the month and the day of her birthday respectively.

Albert: I don't know when Cheryl's birthday is, but I know that Bernard does not know too.
Bernard: At first I don't know when Cheryl's birthday is, but I know now.
Albert: Then I also know when Cheryl's birthday is.

When is Cheryl's birthday?

 

(以下僕の勝手訳)
アルバートとベルナルドはシェリルの誕生日を知りたがっています。シェリルは、以下のどれかが自分の誕生日だと言いました。

5月15日 5月16日 5月19日
6月17日 6月18日
7月14日 7月16日
8月14日 8月15日 8月17日

シェリルは、アルバートには生まれた"月"を、ベルナルドには生まれた"日"をそれぞれ教えました(注:アルバートは何日か教えられておらず、ベルナルドは何月か教えられていない)。

アルバート: 僕はシェリルのが何月何日に生まれたのかわからない。だけど、ベルナルドもシェリルが何月何日に生まれたのか知らないはずだ。
ベルナルド: 僕はシェリルの誕生日を知らなかった。けど今はわかる。
アルバート: それなら僕もわかった。

さて、シェリルの誕生日は何月何日でしょうか?

(Kenneth Kong Facebook pageより)

気になるシェリルの誕生日は?

この問題は、シンガポールのTVプレゼンターのKenneth Kongさんが自身のFacebook上に4月10日付けでアップしていたものです。当初はこの問題が小学校5年生向け算数とされていたこともあり、全世界に一気に拡散し、4月13日現在で、彼の投稿は4000を超えるシェアを集めています。

実際には、算数の得意な中学生を対象にしている問題だったようですが、イギリスの高級紙The GurdianやThe independentなどでもこの盛り上がりが記事にされています。

問題の解答がいろんなところで議論されているのに加え、この少しユニークな問題設定に対して、「アルバート、ベルナルド、シェリルはどういった関係なのか?」、「シェリルは嫌な女だ。」といった本来の趣旨とはまったく関係ない議論で盛り上がっている掲示板もありました。

以下に解答を載せますので、自分で考えたいという人は、ここでスクロールを一旦止めてください。

6月17日が正解と思った人は、ちょっと早とちりかもしれません。

解答編

 

girl

さて、気になる小悪魔シェリルの誕生日ですが、順を追って考えていきましょう。

(1)アルバートは、「ベルナルドもシェリルの誕生日を知らない」と言っています。この時点で5月、6月が消えます。もし、5月か6月であったら、ベルナルドは誕生日を当ててしまう可能性があるからです。

(2)ベルナルドが「今はわかった」と言っています。このことから、14日が除外され、7月16日、8月15日、8月17日が残ります。もし、14日だったらベルナルドは何月かわからないはずです。

(3)アルバートが「ぼくもわかった」と言っています。ここで、8月が除外され、7月16日が残ります。もし、8月だったら、アルバートは何日かを当てることはできないからです。

ということで、正解は「7月16日」でした。

見事正解したみなさん、おめでとうございます。

「もったいぶらずに教えろやボケ!」というツッコミはなしでお願いします。少なくとも、「いくつ?」という質問に「いくつに見える?」と返すという生産性ゼロの不毛な会話より楽しいですよね。