モンブランの絶景が楽しめるシャモニーのモンタンヴェール登山鉄道

Mer-de-glace

シャモニー記事第4弾は、エギーユ・デュ・ミディと並んで人気の観光スポット、Montenvers Railway(モンタヴェール鉄道)について紹介します。

シャモニーの中心にある駅から20分ほどの短い鉄道なんですが、この標高約2000mを走るこの電車から見る山々は「絶景かな」の一言です。

2両編成のかわいい鉄道

モンタヴェール鉄道は、シャモニー駅とオテル・ド・モンタンヴェール駅を結ぶ登山鉄道です。

朝10時から、夕方の4時頃まで1時間おきに運行しています(季節によって変わるかもしれないのでので要確認)。

乗車券は駅で買えるんですが、シャモニーのスキーリフト券などとセットになったMont-Blanc Unlimitedを使って乗る人がほとんどだと思います。

このシャモニー地区で色々使えるマルチパス"Mont-Blanc Unlimited"については、こちらの記事を読んでみてください。

 

下の写真にあるように、2両編成の目にも鮮やかな真っ赤な電車が特徴です。

Montenvers Railway

モンタヴェール鉄道の真っ赤な車両

およそ20分かけて進んでいくんですが、シャモニーの標高が約1000m、終着駅の標高が約2000mということで、途中にはかなり傾斜のきついところもあります。

この傾斜を登るため、モンタンヴェール鉄道はラック式と呼ばれる通常のレール+歯車形のレールを使っているそうです。

モンブラン山系の山々

この鉄道の魅力は、何と言っても窓から見える景色です。

電車に乗ってしばらくすると、眼下にはこんな景色が広がります。

View form Montenvers Railway

モンタンヴェール鉄道からの景色

写真をとった時は雲に隠れていますが、モンブラン山系の山々がよく見えます。

春ということで、シャモニーの街にはあまり雪がありませんが、上に登って行くにつれて景色の中に白いものが増えていきます。

終着駅に近づいてくるとこんな感じで、山も木も雪に覆われています。

View form Montenvers Railway

モンタンヴェール鉄道からの景色

この日は少し曇り気味だったんですが、それでもホントに素晴らしい景色です。

写真を撮り忘れるくらい、見入ってしまいました。しかも何だか空気が美味しい!

メール・ド・グラース氷河

この鉄道が到着するモンタンヴェール駅を降りるとカフェや展望台があります。

そしてそこからロープウェイを使って少し降りて、さらに30分ほど歩くと、Mer de Glace(メール・ド・グレース)と呼ばれる氷河を見ることができます。

今回は残念ながら時間の都合で行くことができなかったのですが、詳細にレポートしているブログがあったので紹介しておきます。

 

これを見ると行かなかったことをちょっと後悔……。またいつか必ずや。

シャモニーのマストドゥー

世界の車窓からに出てくるような、本当に綺麗な景色を堪能できる鉄道です。

上にも書いたとおり、この鉄道はMont-Blanc Unlimitedというマルチパスで乗ることができるので、シャモニーに行ったさいにはぜひ乗ってみることをおすすめします。

エギーユ・デュ・ミディほど標高が高いわけではないので、小さい子供でも問題なく乗ることができます。ただ、終着駅はちょっと寒いので防寒着だけば忘れずに。

以上、「今週の世界の車窓から」は、フランスのモンタンヴェール鉄道からお送りしました。