イギリスの冬の大定番!モルドワイン(ホットワイン)の作り方を紹介

シュワルツのモルドワインスパイス

シュワルツのモルドワインスパイス

僕が暮らすイギリスでは、モルドワインというホットワインの一種が冬の定番の飲み物の一つになっています。

日本でも甘酒や熱燗、焼酎お湯割りのように温かいお酒を飲む習慣がありますが、ヨーロッパではとにかくこのホットワインが人気です。

今回の記事では、このモルドワインについて、レシピとともに紹介します。

ヨーロッパでは定番のホットワイン

イギリスのフェスティバルで売られるモルドワイン

イギリスのフェスティバルで売られるモルドワイン

ヨーロッパの多くの国では冬にこのホットワインが飲まれています。イギリスではモルドワイン、ドイツではグリューワイン、フランスではヴァンショーなどと呼ばれます。

特にハロウィンやクリスマスには欠かせない飲み物です。日本で冬場のお祭りに甘酒の屋台がでるように、ヨーロッパのクリスマスマーケットや冬のイベントでは、このホットワインの屋台が出て、訪れた人の身体を暖めてくれます。

イギリスのパブと言えばビールというイメージがあるかもしれませんが、冬になると多くのパブでオリジナルのモルドワインを出してくれます。

パブでは冬でも外のテーブルで飲む人も多いのですが、若い女性がモルドワインを飲んでる姿をよく見かけます。

モルドワインのレシピ

メルロー種のレッドワイン

メルロー種のレッドワイン

モルドワインは家庭やお店によって色んな作り方がありますが、ここでは定番のレシピを紹介します。

使うワインの種類は好みしだいですが、モルドワインにすることで渋みが強くなる傾向があるので、もともと渋みの強いワインはあまり適しません。

ワインショップでモルドワインに合ったワインを聞くと、メルロー種がおすすめとのことでした。確かにメルローはタンニンが少ないので、まろやかなモルドワインが楽しめます。インターネットを見ても、メルローを勧めているところが多かったです。

また、店の人によると、スパイスなどで味が変わるので、一番安いワインでいいとのことでした(良心的!)。

原材料

  • 赤ワイン 1本 (750ml)
  • 砂糖 60-100g
  • シナモンスティック 1本
  • オレンジ 1個
  • クローブの葉 数枚

作り方

  1. オレンジを輪切りにする。
  2. 原材料を全て小さい鍋に入れ、弱火で温める(沸騰させないように)。

作り方はたったこれだけです。サングリアのホット版と言ってもいいかもしれません。

ナツメグや八角、レモンの皮などを入れる人もいます。また、砂糖の代わりに蜂蜜を使ったり、アルコールに強くない人は水やオレンジジュースなどで薄める場合もあります。

初めての人は上記のレシピをベースに、自分流にアレンジしてみてください。

便利なお手軽スパイス

イギリスのスーパーで買ったモルドワインスパイス

イギリスのスーパーで買ったモルドワインスパイス

モルドワインは必要な材料を鍋に入れて温めるだけです。

僕のように材料を揃えるのが面倒くさいという人のために、イギリスのスーパーではシナモンやオレンジ、その他フルーツや木の実などがセットになったモルドワインスパイスセットが売られています。

ヨーロッパのスーパーでも、同じようにグリューワインのもとが売られています。

上の写真のように原料が乾燥されたものや、ティーバッグのようになっているもの、またシロップ状になっているものなどがあります。もちろんメーカーによって味も違うので、僕は色々試しているところです。

今のところお気に入りは、有名なスパイスメーカー、シュワルツのモルドワインスパイスです。こちらはティーバッグ状になっています。

このモルドワインのスパイスの元は、日本でもオンラインショップなどで購入できます。

是非寒い夜に一度飲んでみてください。心も身体もぽかぽかと温まります。