海外赴任時に子供を入れるなら現地の学校?日本人学校?

oversea-education 家族連れで海外生活を送る人の大きな悩みの1つが子供の教育です。

現地校に入れるべきか、日本人学校にいれるべきか。場所によってはインターナショナルスクールという選択肢もあるかもしれません。

今回の記事では、実際に子供連れで海外生活をしている立場から、現地校と日本人学校のメリット、デメリットなどについて書いてみたいと思います。

自分の少ない経験を元にした考えなので偏った部分があるのは間違いないですが、1つの考え方としてこれから家族で海外で暮らす人たちの参考になれば。

現地校に通うメリット

現地校の通う一番のメリットは、何と言ってもその国の文化や言語の吸収が圧倒的に早いということです。

小学生から高校生くらいの場合、生活のメインは家庭ではなく学校です。現地の学校に通うということは、ガッツリとその国の友達に囲まれ、その国の言葉でやっていくということです。

多くの場合、親よりもその国と濃厚に染まることになると思います。

イギリスで暮らしている僕の子供も現地の小学校に通っているんですが、親の予想を遥かに上回るペースで色んなことを吸収しています。

もともと全く話せなかった英語も1年ほどたったころには親の発音を直すほどに成長しています(僕にとっては情けない話だけど……)。

そして、イギリス人や他の国から来ている友達と毎日接することで、世界には色んな国があって、色んな人がいるということを小さいうちから肌で感じています。これは、言葉を学ぶこと以上に貴重な経験です。

国によってカリキュラムが違うので、帰国後の勉強を心配する人もいるようですが、これは杞憂だと思います。

小学校のレベルであれば、親が時々チェックしてやればいいし、親が見きれない中学・高校レベルであれば、日本からドリルを取り寄せて少しずつやらせるなり、オンラインの学習サービスを使うなりすれば、現地校に通うこと自体が問題になることはあまり考えられません。

保護者にとってのメリット

子供が現地校に通うのは、保護者にとっても色んなメリットがあります。

子供通じて現地の文化を学べたり、日本人以外のパパ友、ママ友ができやすいです。多くの場合、経済的にも現地校は一番安上がりになります。

もちろん日頃の学校からの連絡や先生との懇談、他の保護者とのやりとりなどは現地の言葉なので、親もそれなりに大変です。

ただ、この大変さは見方によっては、親としての経験値が上がるとポジティブにとらえることもできると思います。

日本人学校は日本人学校で、狭い日本人コミュニティの閉塞感や、わずらわしいご近所付き合いが負担になるという話もよく聞きます。僕の場合はこちらの方がストレスになりそうです。

子供のストレスが強いようなら日本人学校も

現地校のデメリットとして気をつけなければいけないのは、子供に過剰な負荷がかかってしまうことです。特に言葉ができない時期は学習面でも友人と遊ぶ場面でも、非常に大きなストレスになるのは間違いありません。

その点で日本人学校は圧倒的に刺激がマイルドです。これまでと同じように勉強して、友達とおしゃべりができるというのは、現地校やインターナショナルスクールに通うケースとは全く違う状況です。

僕の知り合いの日本人にも、イギリスで現地校に通わせたものの友達ができず、勉強も苦手になっていき、ついに不登校になってしまった子供がいました。

その子は、日本人学校に転校するとすぐに友達もでき、毎日楽しんで学校に通うようになったそうです。

子供が現地校に馴染めず、不登校になりそうだったら、迷わず日本人学校に変えるべきだと思います。学校が楽しくないようじゃあ、言葉やカルチャーを学ぶどころではないですから。

一番大変なのは子供

現地校も日本人学校も一長一短があるわけですが、僕は子供を現地校に通わせて良かったと思っています(日本人学校がないような田舎で暮らしているという事情もあるんですが)。自分の子供が羨ましくさえ思います。

これから子供連れで海外に赴任する人にも、まずは現地校をおすすめします。

せっかく海外で暮らしているであれば、現地校に通った方がその国に早く溶けこむことができるんじゃないかというのが僕の考えです。

ただ、繰り返しますが、現地校にしろ、日本人学校にしろ海外で暮らすのは子供にとって大きなストレスです。

慣れない海外暮らしで親自身が自分のことで手一杯になりがちですが、日本にいる時以上に子供の様子を注意深く見つめてやることが大事なんじゃないかと思います。