映画『ピクセル(Pixels)』に登場する懐かしのレトロゲーム一覧(パックマンからギャラガまで)

UK版ポスター ピクセル / PIXELS 3枚組セット [並行輸入品]

映画ピクセル(Pixels)は、パックマン、ドンキーコングなどのおなじみのゲームキャラクターが地球を征服しにやってくるという2015年夏に公開予定のアメリカ映画です。

公開数ヶ月前にもかかわらず、SNSなどでは非常に多くの注目を集めています。

最強のゲーマーたちが、巨大なゲームキャラクターと戦う

ピクセルは、ハリーポッターシリーズでも知られるクリス・コロンバス監督、コメディーに定評のあるアダム・サンドラー主演のSFアクションコメディです。ゲーム・オブ・スローンズで一躍人気者になったピーター・ディンクレイジも出演しています。

この映画のストーリーは、1980年代にアメリカが地球外生命体にビデオメッセージを送ったことから始まります。この地球外生命体は、地球からのメッセージを宣戦布告と勘違いし、メッセージ内のゲームキャラクターの姿になって地球を征服しにきます。

地球にきたパックマンなどの巨大ゲームキャラクターは、触れたものを全て3次元のピクセル変えてしまうという恐ろしい能力を持っていました。

この未曾有の危機に、アメリカ大統領は、幼馴染であり、80年代のアーケードゲームのチャンピオンでもあるサム(アダムサンドラー)を呼び出します。

そしてサムは、かつてのゲーマー仲間と共にパックマンやドンキーコング、ボスギャラガなどのゲームキャラクターを倒すために立ち上がるのですが、、、といった内容です。

配給元のソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントが、この映画のあらすじや、どんなキャラクターが出てくるかが一目でわかる予告編(英語)をYouTubeにアップしています。

この映画には元ネタの短編動画が存在

実はこの作品には元ネタがあります。映画版ピクセルは、2010年にYouTubeにアップされたOne More Productions制作の短編動画をもとにして、ソニーピクチャーズエンターテイメントが映画化したものです。

元の短編動画も、パックマンなどのゲームキャラクターたちが街全体をピクセルに変えたり、消していってしまうという内容です。

登場する懐かしのゲームたち

映画版のトレイラーを見ると、パックマン、ドンキーコング以外にもいろんな懐かしのゲームが沢山登場するのがわかります。

海外のエンターテイメントニュースサイトVaraietyによると、ピクセルには、以下のようなゲームが登場するようです。あなたはいくつ知っていますか?

ピクセルに登場するゲーム一覧(あいうえお順)

アステロイド (Asteroids): アタリのシューティング

ウィザードオブウォー (Wizard of Wor):ミッドウェイ(現ワーナーブラザーズ)のアクション

ギャラガ(Galaga):ナムコ(現バンダイナムコ)のシューティング

キューバート(Q*bert):ゴットリーム(現コロンビアピクチャーズ)のアクションパズル

ジョウスト (Joust):ウィリアムス(現WMS インダストリーズ)のアクション

スペースインベーダー (Space Invaders):タイトーのシューティング

セントピード(Centipede):アタリのシューティング

ディグダグ (Dig-Dug):ナムコ(現バンダイナムコ)のアクション

ディフェンダー (Defender):ウィリアムス(現WMS インダストリーズ)のシューティング

ドンキーコング (Donkey Kong):ニンテンドーのアクション

パックマン (Pac-Man):ナムコ(現バンダイナムコ)のアクション

ブレイクアウト(Breakout):アタリのブロック崩し

フロッガー (Frogger):コナミ(現コナミデジタルエンターテイメント)のアクション

ミサイルコマンド(Missile Command):アタリのシューティング

ロボトロン (Robotron):ウィリアムス(現WMS インダストリーズ)のシューティング

日本での公開は9月12日

劇場公開は、アメリカ、イギリスでは2015年7月24日に予定されていますが、日本では2ヶ月ほど遅れて、2015年9月12日予定になっています。

すでに日本版のオフィシャルサイトも出来上がっていますが、4月19日現在では、30秒の短い予告編がアップされているだけのようです。おそらく9月の公開にむけて、オフィシャルサイトも充実していくんだと思います。

僕は熱心なゲーマーというわけではないですが、予告編やあらすじを見ただけで今から公開が待ちきれません。

日本人なら非常に馴染みのあるキャラクターが沢山でてくるので、レトロゲームファンはもちろんのこと、多くの日本人が楽しめる映画になっているんじゃないでしょうか。

2015年8月9日追記
映画『ピクセル』を観てきました。レビュー、見どころはこちらにまとめています。

映画『ピクセル (PIXELS)』レビューと3つの見どころを紹介