ポケモンGoでレアポケモンを探すアプリ"Poke Radar(ポケレーダー)"が凄い便利

世界の老若男女を夢中にしているポケモンGO。僕はイギリスに住んでいる地の利を使ってしばらく前からプレイしていますが、これだけ話題になるのも納得の面白さです。

このポケモンGOは、まずは世界中のポケモンを集めて、ポケモン図鑑を完成させることが目的になります。ただ、ポケモンは色んな所にちらばっていて、レアポケモンは出現頻度も低いので、コンプリートはなかなか難しそうです。

そこで今回の記事では、レアポケモンを捕まえるのに大きな助けとなる便利なアプリを紹介します(このアプリはiPhone用のもので、アンドロイド用のものは今のところ見つかりませんでした)。

ポケモンの居場所が分かるPoke Radar

今回紹介するアプリ、Poke Radar(ポケレーダー)は、どこにどんなポケモンが出現するのかを教えてくれるアプリです。ポケモンGOのリリース以降、すでに関連アプリが沢山出ていますが、このアプリは2016年7月18日現在、関連アプリとしては世界でもっともダウンロードされています。

とてもシンプルなアプリですが、非常に便利です。それでは、具体的にどんな感じなのか見てみましょう。

ポケモンGO自体の遊び方については、こちらの記事をどうぞ。

Poke Radarの使い方

言葉で説明するよりも、アプリのキャプチャを見てもらったほうが分かりやすいでしょう。日本ではまだポケモンGO自体がプレイできないので、イギリスの様子を例にして紹介します。

ポケモンが地図上に表示される

このPoke Radarを起動すると、地図がでてきます。この地図上にポケモンが表示されるわけです。ここに表示されているのが、この場所で出現したポケモンということです。

pokemon_in_london

ロンドンにいるポケモン

上に載せたのは、ロンドンの大英博物館の周りですが、沢山のポケモンが発見されています。リザードンのようにレア度が高そうなポケモンもいますね。

ただ、ここで注意したいのはトレーナーレベルによって出現するポケモンが変わるということです。お目当てのポケモンがポケレーダーには載っているのに、実際になかなか見つからないという時は、まずはレア度の低いポケモンを沢山捕獲して、トレーナーレベルを上げてみましょう。

フィルター機能でお目当てのポケモンだけを検索

このアプリのいいところは、お目当てのポケモンだけを探すフィルタ機能がついていることです。左の上の"Filter"ボタンをおすと、ポケモンを選ぶ画面にうつります。

pikachu

フィルター機能

フィルタ画面ではポケモンの一覧がでるので、探したいポケモンを選んで"Submit"を押しましょう。残念ながら英語名になっていますが、Googleで"お目当てのポケモンの名前 英語名"などと検索すればすぐに分かります。今回はピカチュウを選んでみましょう。

pikachu_in_london

ロンドンにいるピカチュウ

先ほどと同じ大英博物館の周辺ですが、こんな感じでピカチュウだけが表示されるようになりました。効率よくポケモンをゲットするには大切な機能ですね。

目撃情報の提供はプレイヤーから

ポケモンの情報は、このアプリの開発元が提供しているわけではありません。ポケモンGOのユーザー、もといポケモントレーナーの情報提供によってなりたっています。

画面の右下にあるキャンディのようなアイコンにタッチすると情報提供画面にうつります。ポケモンの位置情報を入力するためには、自分のトレーナー名を入力する必要があります。。

他人からはポケモンのいる位置とその情報を登録したトレーナー名がセットで分かってしまうので、くれぐれも注意して下さい。

目指せコンプリート

類似のアプリは既にいくつかありますが、今のところこのPoke Radarが一番人気のようです。基本的にユーザーからの情報でなりたっているので、先行しているアプリはどんどん情報が集まるはずです。このアプリを使えば、なかなか見つからないレアなポケモンも比較的簡単に見つかるかもしれません。

2016年7月19日現在、日本ではまだポケモンGO自体がリリースされていませんが、もう間もなくという情報もあります。こんなアプリも活用しながら、ぜひポケモン図鑑の完成を目指してみてください。

アプリのダウンロードはこちらからできます。ちなみに、僕が確認した限りでは、日本のApple IDでもOKでした。