新入生の皆さん、大学合格おめでとう!さあ就職活動を始めましょう!

cherry-blossomsそろそろ国立大学の二次試験の結果がでそろう時期ですが、見事希望の大学に合格されたみなさん、おめでとうございます。

新歓コンパ、テニスサークル、ゼミ合宿などなど4月からは楽しい学生生活が待っています。

今回の記事では、そんな新入生のみなさんの浮かれ気分に水をさすような「就職活動のすすめ」を書いてみたいと思います。

就活シーズンはすぐにやってくる

大学の合格通知を受け取ったばかりの人や入学間もないピカピカの一年生にとっては、就職活動なんてまだまだ先の話だと思います。

でも、就活シーズンはすぐやってきます

しかも、就職というのは人生の一大イベントです。

終身雇用の慣例が崩れてきたとはいえ、人生に大きな影響を与えます。

そして、もちろんそんなに簡単なものでもありません。

僕自身が新卒で就職活動をした時は、リーマン・ショックの直前で比較的学生の売り手市場だったことや東大院理系という強力なカードをもっていたこともあって、実はそれほど苦労せずに希望の仕事に就くことができました。

でも企業が採用を絞り始めた後に就活をしていた後輩たちの中には、なかなか就職が決まらずに苦労している人が沢山いました。

「東大まで行って就職できないなんて、彼らの親御さんにどうやって説明したらいいんだよ……。」という元指導教官のボヤキを忘れることができません。

でもこれが現状で、いい大学に入ったから大丈夫という時代ではないんです。

ある意味ではフェアな競争になってきたのかもしれませんが、きちんと準備をしていない人には厳しい世界でもあります。

就活時期に就活を始めるのでは遅い

time

僕自身が学生時代に就職活動をしたり、働き初めてから採用活動の手伝いをした経験を踏まえると、就活は付け焼き刃で通じるほど甘い世界ではありません。

就活シーズンになってようやく対策を考えるようでは、なかなか思い通りの結果を得られません。少しでも早く準備した方がいいです。

と、煽りぎみに書いていますが、別に今から企業や業界の分析をしろとか、自分の強みと弱みを洗い出せとか、そんな特別なことをする必要はありません。

単純に学生時代を有意義に過ごして、人として経験値を積んでいけばいいだけの話です。

ここでは、僕がおすすめする3つの取組みを紹介しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

学生時代に取り組んで欲しい3つのこと

backpacker

企業からみて採用したい人物、つまりリクルーターや面接官が一緒に働きたいと思えるような人になるために、3つのことを意識してみてください。

大人と接する機会を増やそう

まず何より挑戦してほしいのが、大人とのコミュニケーションに慣れるということです。

コミュニケーション能力っていうのは、就活でもベタなキーワードの一つですが、結構勘違いしている学生が多いんじゃないかと思います。

これは、友達同士でちょっとウケる話ができるというのとは違います。

なかなか表現するのが難しいんですが、大事なのは大人と普通に会話できるか、言い換えると、背景知識や前提を共有していない相手と一対一で建設的な話ができるかという能力です。

学生が大人との会話に慣れているかどうかっていうのは大人側から見れば一発で分かりますし、印象がぜんぜん違います。

これは場数を踏めば身についていきます。実際に大人としゃべる機会を作って、その中で自分で感じた違和感を自分で修正しけばいいんです。

バイトやインターンをするでも、地元のコミュニティに参加するでも、彼氏/彼女の親と話すでもなんでもいいです。

沢山の大人と接する機会を探してみてください。

大人との会話は、コミュニケーション能力を鍛えてくれるだけではなく、強い刺激を与えてくれます。若い人が考えている以上に、色んな世界を知っている面白いおじさんやおばさんって沢山います。

自分を語れる体験をしよう

続いては、人に語れるような経験をしましょう。

就活でよく聞くのが、周りの凄い人と比べて自信をなくしてしまうという話です。

周囲のライバルは、世界一周してたり、ベンチャー企業を立ち上げたりしているのに、自分には何も無い……って。

これはもう就活の時期になって慌てて考えていては手遅れです。履歴書と面接対策のためにとってつけたようなエピソードはすぐにバレてしまいます。

だからと言って、何もそんな凄いことをする必要はありません。

採用する側は、別にバックパッカーを募集しているわけでも、若き起業家を求めているわけでもありません。

サークルや部活でもいいし、勉強でもいいし、趣味に没頭するのもありだと思います。

ただし、「自分はこれに夢中になってました」って人に語れるぐらいにガッツリ取り組んでください。それには、ある程度の期間が必要です。

で、そんなに没頭できるものが無いって人は、手当たり次第にアクションをおこしましょう。

本読んだり、映画見たり、美術館行ったり、新しいスポーツをやってみたり、ちょっとマイナーな言語(言葉でもプログラミングでも)を勉強してみたり、ウェブサイトを立ち上げるでも、何でもいいと思います。

いろんなことにチャレンジをしていればいつか自分がハマるものに出会えるかもしれないし、その多くの経験自体があなたを語る武器になります。

大学の先生や設備を活用しよう

これは僕自身が後悔していることでもあるんですが、大学を積極的に利用することをおすすめします。

最近では大学の学費の高さが奨学金の問題などとセットで話題になることがあります。

ただ、学費無償化云々といった社会的な制度論は置いておいて、純粋に学費とそれによって得られるベネフィットを比べると、大学ほどコスパのよいサービスはありません。

医者でも、弁護士でも、英会話の先生でもなんでもそうですが、プロから教えを請うというのはものすごいお金がかかります。

各分野で最高峰の知識と経験を持つ大学の先生の話を直接聞いたり、場合によっては議論できるという機会は、本当にプライスレスです。

先生だけじゃないです。大学の図書館だとか、理系だったら実験設備なんかもそうです。その大学にいる人の特権です。

大学生のメリットはラーメン屋の学割だけじゃありません。

大学というのは膨大なリソースの塊です。ぜひ積極的に大学の持つメリットを有効活用して、幅広い知識と教養を身につけて下さい。

就活時期に後悔しないために今するべきこと

writing-1170138_1920

「ようやく受験地獄から開放されたのに、すぐに就活のことを考えなきゃなんて……」と思うかもしれません。

でも、毎年数多くの学生が就活時期になってバタバタと慌てて、それまでの過ごし方を後悔しているんです。

加えて、就活の時期っていうのは卒論、修論のためのアウトプットができる非常に有意義な時期と重なります。不毛な就活で時間をとられるのは本当にもったいないんです。

上に挙げた3点は別に就職に限った話ではありません。一般企業への就職にはもちろん、その後の仕事っぷりにも、そして自分で会社を立ち上げるって人にも役に立つと思っています。

ぜひ有意義な学生生活を過ごしてください。