シェリルの誕生日が分かった人はこのパズルもどうぞ

シンガポール発のシェリルの誕生日をあてる論理パズルがFacebook、TwitterなどのSNS経由で、すごい勢いで世界に広まりました。今回は、この論理パズルと同様に多くの学生を手こずらせた図形を使った算数パズルを紹介します。

筒に巻いたひもの長さは?

シェリルの誕生日がかなり流行ったので、そろそろ二番煎じが来るかと思っていましたが、案の定でてきました。イギリスの新聞The Independentのオンライン版に、A new maths puzzle for those of you who found Cheryl's birthday too easy(シェリルの誕生日が簡単すぎる人に贈る新しい算数パズル)と題した記事が投稿されていました。早速その問題を見てみましょう。トップ画像も参考にしてください。

A string is wound symmetrically around a circular rod. The string goes exactly four times around the rod. The circumference of the rod is 4 cm and its length is 12 cm.Find the length of the string.

1本のひもが綺麗な螺旋状をえがいて円筒に巻かれています。ひもは円筒をちょうど4周するように巻かれています。筒の円周は4cm、長さは12cmです。ひもの長さは何cmでしょうか?

The Independentによると、この問題は世界16カ国の高校生を対象とした数学の学習達成度評価テストで出された問題の1つで、全問題の中でもっとも学生を苦しめたものだそうです。なんと、アメリカの学生の正答率はたったの4%です。与えられた制限時間がわからないのですが、日本の学生を対象にしたら、もう少し高い正答率なのは間違いないでしょう。

中学3年生で習うあの有名な◯◯◯の定理

僕が最初にこの問題を見た時、昔TVでやっていた平成教育委員会を思い出しました。ちょっとしたひらめきさえあれば、中学3年生で習うあの超有名な定理を使って、暗算でも解ける問題です。答えはこちらに用意していますが、ぜひ答えを見る前に一度考えてみてください。

アイキャッチ画像: The Independent