海外の有名大学が新入生にすすめる図書リスト(理系学部70冊)

cambridge-books毎年4月になると、大学1年生に向けた推薦図書リストをよく目にします。

これは日本に限った話ではないようで、世界トップ大学の一つでもあるイギリスのケンブリッジ大学にも似た様なものがあります。

同大学では、主に学部ごとにReading listとして推薦図書が紹介されています。かなり数が多くなるので、今回は理系学部のもの70冊を集めてリストアップしてみました。

高校を出たばかりの学生を対象にしているものとしては、非常にレベルが高い本が多いです。

それでは、学部ごとに見ていきましょう。

Natural Science(自然科学学科)

まずは、自然科学学科の推薦図書です。ケンブリッジ大学は多くの分野で優れた業績をあげていますが、特に自然科学系に定評がある大学です。

あのニュートンやダーウィンも輩出しているんですが、彼らの著作が推薦書リストに入っていないのは、当然読んでいることが前提なのかもしれません……。

Biology of Cells

  • B. Alberts, et al; Molecular Biology of the Cell
  • Lewis Wolpert; How We Live and Why We Die: The Secret Lives of Cells

Chemistry

  • P.W Atkins; Atkins' Molecules
  • J Keeler & P Wothers; Why Chemical Reactions Happen

Computer Science

  • A Kee Dewdney; The (New) Turing Omnibus: 66 Excursions in Computer Science
  • Tom W Körner; The Pleasures of Counting

Evolution and Behaviour

  • P. Holland; The Animal Kingdom: A Very Short Introduction (Very Short Introductions)
  • R. Dawkins; The Ancestor's Tale: a Pilgrimage to the Dawn of Life
  • S. Carroll; Endless Forms Most Beautiful: The New Science of Evo Devo and the Making of the Animal Kingdom
  • Barton, et al; Evolution

Earth Sciences

  • T. Nield; Supercontinent: *Ten Billion Years in the Life of Our Planet
  • J.A. Zalasiewicz & M. Williams; The Goldilocks Planet: The Four Billion Year Story of Earth's Climate

Materials Science

  • P. Ball; Made to Measure: *New Materials for the 21st Century (Princeton Paperbacks)
  • RMJ Cotterill; The Material World
  • J.E. Gordon; New Science Of Strong Materials (Penguin Science)
  • M. Miodownik; Stuff Matters: Exploring the Marvelous Materials That Shape Our Man-Made World

Physiology of Organisms

  • F. Ashcroft; The Spark of Life: Electricity in the Human Body
  • J. King; Reaching for the Sun: How Plants Work
  • E.P. Widmaier; Why Geese Don't Get Obese: (And We Do)

Mathematics

  • T. Gowers; Mathematics: A Very Short Introduction (Very Short Introductions)
  • Tom W. Körner; The Pleasures of Counting
  • D.S. Sivia & S.G. Rawlings; *Foundations of Physics for Chemists (Oxford Chemistry Primers, 93)

Elementary Mathematics for Biologists

  • D. Huff; How to Lie With Statistics
  • P.C. Foster; Easy Mathematics for Biologists
  • D. Rowntree; Statistics Without Tears

Engineering(工学部)

続いては、工学部です。

Recommended Reading for Budding Engineers(新進気鋭のエンジニア向け推薦図書)と名付けられた同学部の推薦図書リストは、これまでに工学部に在籍した学生がお墨付きを与えているリストようです。

  • David J.C. MacKay; Sustainable Energy - Without the Hot Air
  • Holger Babinsky; How Do Wings Work?
  • Julian Allwood and Jonathan Cullen; Sustainable Materials With Both Eyes Open
  • Rob Lawlor; Engineering in Society (English Edition)
  • Natasha McCarthy; Engineering: A Beginner's Guide
  • J.E. Gordon; New Science Of Strong Materials (Penguin Science)
  • J.E. Gordon; Structures: Or Why Things Don't Fall Down
  • Steven Vogel; Cats' Paws and Catapults: Mechanical Worlds of Nature and People
  • Peter Forbes; The Gecko's Foot: How Scientists are Taking a Leaf from Nature's Book
  • W.G. Vincenti; What Engineers Know and How They Know It: Analytical Studies from Aeronautical History (Johns Hopkins Studies in the History of Technology)
  • James L. Adams; Flying Buttresses, Entropy, and O-Rings: The World of an Engineer
  • Clive Maxfield; Bebop to the Boolean Boogie, Third Edition: An Unconventional Guide to Electronics
  • Henry Petroski; Invention by Design: How Engineers Get from Thought to Thing
  • Henry Petroski; To Engineer Is Human: The Role of Failure in Successful Design
  • Henry Petroski; Remaking the World: Adventures in Engineering
  • Henry Petroski; Small Things Considered: Why There Is No Perfect Design (Vintage)
  • Henry Petroski; Pushing the Limits: New Adventures in Engineering (Vintage)
  • Henry Petroski; Design Paradigms: Case Histories of Error and Judgment in Engineering
  • Henry Petroski; Success through Failure: The Paradox of Design
  • Henry Petroski; The Essential Engineer: Why Science Alone Will Not Solve Our Global Problems
  • Matthys Levy and Mario Salvadori; Why Buildings Fall Down: How Structures Fail
  • Mario Salvadori; Why Buildings Stand Up: The Strength of Architecture
  • David Tremayne; The Science of Formula 1 Design
  • Henk Tennekes; The Simple Science of Flight: From Insects to Jumbo Jets
  • David W. Anderson and Scott Eberhart; Understanding Flight, Second Edition
  • Philip Ball; Made to Measure: New Materials for the 21st Century (Princeton Paperbacks)
  • Mark E. Eberhart; Why Things Break: Understanding the World By the Way It Comes Apart
  • Deborah Cadbury; Seven Wonders of the Industrial World
  • Francis Spufford; The Backroom Boys: The Secret Return of the British Boffin
  • Samuel C. Florman; The Existential Pleasures of Engineering
  • Louis A. Bloomfield; How Things Work: The Physics of Everyday Life
  • Eddie Norman, Joyce Cubitt, Syd Urry and Mike Whittaker; Advanced Design and Technology

***2016年5月10日追記***

もともと工学部のサイトにリストがあったのでリンクしていたのですが、リストが載っていたページが消えていました。

Architecture(建築学部)

建築学部の新入生というより、すでに合格通知をもらっていて、入学予定の学生に向けた推薦図書のようです。そして推薦というより半ば強制されている感じです……。

大学に入る前からみっちりと鍛えられていますね。

  • W. Curtis; Modern Architecture Since 1900
  • E. Gombrich; The Story of Art - 16th Edition
  • S. Kostoff; A History of Architecture: Settings and Rituals
  • J. Summerson; Classical Language of Architecture (World of Art)

Medicine(医学部)

こちらも医学部の新入生向けというよりは、入学希望者向けの推薦図書リストになっています。

ケンブリッジ大学は、入試の中に面接があるので、自己PRのためにこういったところで推薦されたものに事前に目を通してる学生も多いんじゃないかと思います。

  • G. J Tortora and B.H. Derrickson; Essentials of Anatomy and Physiology, Ninth Edition International Student Version
  • E. N. Marieb; Essentials of Human Anatomy & Physiology
  • B. Alberts, D. Bray, K. Hopkin & A. Johnson; Essential Cell Biology
  • S. Nuland; How We Live
  • S. Nuland; How We Die: Reflections on Life's Final Chapter (English Edition)
  • S. Mukherjee; Emperor of All Maladies: A Biography of Cancer
  • A. Gawande; The Checklist Manifesto: How to Get Things Right

Psychological and Behavioural Sciences(心理行動科学学部)

間違っていたら申し訳ないですが、心理行動科学とでも訳すのでしょうか?こちらも新入生向けというよりは、入学希望者向けの推薦図書リストになっています。

  • M. W. Eysenck and M. T. Keane; Cognitive Psychology: A Student's Handbook
  • M.A. Hogg and G.M. Vaughan; Essentials of Social Psychology
  • S. Nolen-Hoeksema, B. Fredrickson, et al.; Atkinson & Hilgard's Introduction to Psychology, 16e
  • H.R. Schaffer; Key Concepts in Developmental Psychology

負けるな!日本の大学生!

ケンブリッジ大学の推薦図書は、一部を除いてはあくまでも「おすすめ」なので、読むことを強制されているわけではありません。大学のサイトを見てみると「こんな面白い本があるよ」といったニュアンスで紹介されている場合も多いです。

ただし、リストの中には骨太な専門書も数多く含まれていて、気軽に読める本ばかりではありません。これはさすがです。

日本の大学生のみなさんも、ぜひちょっと背伸びした読書にチャレンジしてみてください。サークルやアルバイトも楽しいですが、難しい本を1ページ1ページ読み進めていくという時間的な余裕は、大学生だけに許された特権です。

***2016年6月14日追記***

日本の大学生にぜひ読んで欲しい本のリストを作りました。どれもこれからの人生を生きる上でとても役に立つ本ばかりです(いわゆる自己啓発本ではありませ)。