英単語力を無料で診断できるウェブサイト・サービス5選

test-yourself

これまで英語の色んな勉強法を試してみましたが、その結果分かったことは、結局一番大事なのは単語力だということです。

知っているボキャブラリーを増やすことで、リーディングはもちろん、リスニングやスピーキングの力も確実にあがります。

語彙力をアップさせる上でまず必要なのは、自分のレベルを把握することです。

今回の記事では、現在の英単語力を測ったり、勉強中の自分の成長の確認に使えるような単語力チェックができるサイトを紹介します。

もちろん全て無料で、面倒くさい会員登録が不要なものに限定しました。

Weblio 語彙力診断テスト(総合診断)

weblio

まずは有名どころから。辞書サイトWeblioの語彙力診断テストです。

全部で25問の5択問題を解くことで、その正解不正解と残り時間をもとに推定語彙数を診断してくれます。

会員登録なしでも、2回テストを受けることができます。また、2回のテスト後は制限がかかってしまいますが、20分経つか、テストで20問以上正解するとその制限が解除されますので、実用上は全く問題ありません。

ちなみに、会員登録をすれば無制限にテストを受けることができます。

このテストのいいところは、正解不正解によってその後の問題のレベルが変わってくることです。例えば、正解が続くと、答えの選択肢も英文になったりして、どんどん難しくなってきます。

また、同じサイトには語彙力の総合診断だけでなく、TOEICテスト、英検、大学入試、TOEFLテスト向けのテストもあります。

アルク 英単語力診断テスト

alc-vocabulary-check

続いては、英語教材大手のアルクの診断テストです。

セットA、B、C、Dの1つを選ぶとテストがスタートします。所要時間は約3分です

英単語が出てくるので、その意味を4つの選択肢から選びます。問題は全部で20問あり、すべて回答すると診断結果が表示されます。

おすすめのアルクの英語教材も一緒に表示されるのは、まあ当然ですね……。

単語は比較的易しいものが多いので、初級者から中級者が対象だと思います。また、問題セットが4つしかないので、繰り返しテストして自分の実力がどのくらいアップしたかを知るのにはちょっと使えません。

なお、アルクのサイトにはTOEICのミニテストやリスニング力テストもありますが、こちらは事前登録が必要です。

マジタンWEB 単語力チェックテスト

majitan-check

最近ツイッターで情報が流れてきたサービスです。マジタンという英単語学習アプリを作っている会社が提供しています。

他のサービスと同じように、ある英単語が出てくるので、4つの日本語訳から正解を選んでいきます。問題数は約25問です。

このサービスの特徴は、テスト前にレベル調整があることです。20個の英単語の中から知っている単語をチェックすることで、その後の問題の難易度が調整されるようです。

テスト後は、推定語彙数に加えて、TOEIC、TOEFLの予想点数も診断されます。ただし、表示される点数の幅が広いのがたまにキズです。

いくつか間違えても「ネイティブレベル」と表示されるので、個人的にはかなり甘い評価なんじゃないかという印象があります。

Test your vocab

test-your-vocabulary

この手の単語力診断ウェブサービスとして海外でもっともメジャーなのがこの"Test your vocab"だと思います。

これは他のサービスとちょっと違って、知っている単語を自己申告でチェックしていきます。リストの中から、知っている単語をクリックしていきます。何となく見たことのある単語ではなく、意味が分かる単語だけを選ぶように注意して下さい(実力診断で見栄をはっても意味無いですからね)。

診断はSTEP1〜STEP3の3つで構成されています。

STEP1では幅広いレベルの単語リストが表示され、これに回答することでざっくりと実力評価されます。STEP2では、前のSTEPを踏まえてより正確に語彙力を診断するためのリストが表示されます。

STEP2は結構ボリュームが多く、トータルで5分程度はかかります。

ちなみにSTEP3では、年齢や国籍を問うアンケートがでてくるのですが、これは回答せずに"finish"ボタンを押せばOKです(もちろん回答してもOK)。

診断結果としては語彙力は"xxxxx words"といった形で表示されます。

このサイト上には、第2外国語として英語を学んでいる人を対象に、こんなベンチマークが載せられていましたので、ご参考までに紹介します。

1,500–3,000 words: a couple of years of English courses
4,000–6,000 words: intermediate English (4–6 years)
8,000–10,000 words: advanced English (8 years) for a particularly good student

ちなみに、40000 words以上のネイティブの中でも凄い部類に入るレベルまで表示されるので、上級者の人にもおすすめです。

Learner's Vocabulary Quiz

 learners-vocabulary-quiz

最後は、英語の辞書で有名なアメリカのMerriam-Webster社が提供しているオンラインの英単語テストです。

全10問あり、出てきた英単語の意味を4択から選択します。

正解によるポイントと各設問の残り時間によるボーナスポイントが加算されていき、最終的なポイントが出てきます。

選択肢も全て英語なので、初心者の人にはちょっと難しいかもしれませんが、出てくる単語は基本的なものばかりなので、上級者には物足りないかもしれません(つまり中級者限定)。

全部でどの程度の単語ストックがあるかわかりませんが、何回かやった限りは違う問題が出てきます。

単語力診断サービスのまとめ

個人的にはWeblioのサービスが一番しっかりしているんじゃないかと思いますが、気分転換を兼ねて色々試してみてもいいかもしれません。

さて、自分の実力を把握したら、それをどうやってレベルアップさせるかです。

このブログでは、英単語の覚え方やちょっとしたテクニックを紹介する記事も書いています。初心者から上級者まで役に立つ情報があると思うので、是非チェックしてみてください。

icon-arrow-circle-right  目指せ10000語!英単語力アップの戦略、覚え方、テクニック【保存版】

icon-arrow-circle-right  レベル別おすすめの英単語参考書9冊を紹介(1分間実力判定クイズ付き)

また上級者の人は、英語のネイティブでも知らないような激ムズ英単語に挑戦してみてください。

icon-arrow-circle-right  イギリス人も知らない超難関英単語に挑戦!【英語上級者向け】