イギリスのロイヤルファミリーが認める英国王室御用達とは?

royal-warrant

ひかえおろう、ひかえおろう!

日本に宮内庁御用達があるように、イギリスには英国王室御用達なるものがあります。

名前を聞いたことがある人は多いかもしれませんが、この英国王室御用達という制度がどんなもので誰がきめているのかを知っている人は少ないんじゃないかと思います。

今回の記事では、イギリス在住の僕がこの歴史ある英国王室御用達の世界を案内します。

3種類のRoyal Warrant

英国王室御用達は、英語では"Royal Warrant(ロイヤル・ワラント)"と呼ばれます。Royalは王室、Warrantは保証書といった意味です。

現在では約850の団体や会社などがイギリスで王室御用達の名誉を受けています。

実はこの王室御用達には3つの種類があります。

というのは、エリザベス2世エディンバラ公(エリザベス2世の夫)、そしてチャールズ皇太子(エリザベス2世の息子)の3名がそれぞれ独自に王室御用達を認定できるためです。

Royal Warrant Holders Associationより

ロイヤルワラントの紋章(Royal warrant holder associationより)

上に示したのは、左からエリザベス女王、エディンバラ公、チャールズ皇太子によってロイヤルワラントが付与されたことを示す紋章です。

3人のうち誰かから御用達の認定を付与されると、製品のパッケージなどにこのマークをつけることができます。

ブランドによっては、複数の王室メンバーから認定を受け、『ボン、ボン、ボン!』とエンブレムが並んでるものもあります。

Royal Warrantをとるための要件

英国王室御用達として看板を掲げるには、現在でもこの3名の申し出によって認められる必要があります。

ただし、もちろんロイヤルファミリーが自分自身で細かい審査をしているわけではありません。この制度の実質的な審査、管理は1840年設立のロイヤル・ワラント・ホルダー協会が行っています。

王室御用達の認定を受けた企業はこの協会に所属することになるわけですが、この認定は期限が付けられています。

品質、サービス、価格などが総合的に評価される5年毎の審査を受け、それに通過しなければ、御用達の認定は取り消されてしまいます。

このブログで紹介している王室御用達製品

最後に、このブログで紹介している王室御用達製品のリストをまとめておきます。興味のある製品があったら、ぜひチェックしてみてください。

新しい記事を書いたらリストも随時更新していきます。

衣類・靴

エリザベス女王もお気に入りの王室御用達傘フルトン(Fulton)のバードケイジ

英国王室御用達の革靴「ローク(Loake)」のサイドゴアブーツを買った

食料品

英国王室御用達だけど手軽に買えるマルドンの天然塩【日本でも購入可】

食後の口直しに最適なベンディックス(Bendicks)のミントチョコレート

英国王室に愛される最高級チョコレート「シャルボネル・エ・ウォーカー(Charbonnel et Walker)」

300年の歴史をもつ英国王室御用達の紅茶トワイニング (Twinings)

英国王室御用達の安くて美味しいチョコレート「キャドバリー(Cadbury)」